うまげーむさん

Fortniteなどのゲームの情報を主に投稿します。Twitterでブログの更新をツイートしてます。(@umageemu)

【マインクラフト Modding】1.15対応 自作MODの作り方 #3 Modの説明欄

このシリーズのまとめはこちら:

umagame.hatenablog.jp

どうも。

前回の記事に☆をくれた方がいらっしゃいましたのでこのシリーズの需要に気づけました。ありがとうございます。

はじめに

今回はいよいよMODの中身を作っていきます。

ちなみにこの記事ではJavaとかの用語が多少出てきますが、説明は省きますのでご了承ください。

前回の記事はこちら:

umagame.hatenablog.jp

これから作っていくModについてですが、私の好きなブロックの一つである「土」に関するModにしようと思います。

土を使ってツールを作ったり...みたいなネタModです。

ネーミングセンス皆無のため名前はDirtModです。

メインクラスを作る

まずはメインのクラスをsrc/main/java内に作ります。

すでにcom.example.examplemodというパッケージがありますが、いらないのでこれを削除しておきます。

f:id:Umagame:20200313152204p:plain

src/main/javaを右クリックして、新規→クラスをクリック。

f:id:Umagame:20200313153126p:plain

そうするとウィンドウが出てきますので、そこにパッケージ名とクラス名を入力しましょう。

今回はパッケージ名をcom.umagame.dirtmod.mainに、クラス名をDirtModにしました。

パッケージ名には製作者である自分の名前(umagame)と、Modの名前(dirtmod)を入れます。

クラス名にはModの名前を入れます(最初の文字は大文字)

f:id:Umagame:20200313200017p:plain

完了を押すとクラスが作られます。

ソースコードを書く

IDを設定する

ソースコードを書いていきます。

まずModのIDをMOD_IDという名前で変数を作り、それに入れます。

package com.umagame.dirtmod.main;

public class DirtMod {
    public static final String MOD_ID = "dirtmod";
}

IDはすべて小文字にしておきましょう。

次に、このIDをModに適用します。

クラスの一個手前の行に「@Mod(クラスの名前.MOD_ID)」という行を追加します。

package com.umagame.dirtmod.main;

@Mod(DirtMod.MOD_ID)
public class DirtMod {
    public static final String MOD_ID = "dirtmod";
}

こんな感じ。

ですが、importをまだしていないのでエラーが表示されると思います。

なので豆電球のアイコンをクリックしてimportします。

f:id:Umagame:20200313200412p:plain

MODの詳細を設定する

マインクラフト内のModを確認する画面で、そのModの説明とかバージョンが表示されますよね。

次はその設定をしていきます。

src/main/resources内のMETA-INFというファイルの中の、mods.tomlをダブルクリックで開きます。

f:id:Umagame:20200313200514p:plain

なんだかごちゃごちゃしてて見にくいですが、ここでModの詳細を設定できます。

f:id:Umagame:20200313200741p:plain

上の画像の赤線について、上から順に説明します。

issueTrackerURL・・・関係ないので前に「# 」と入力します。

modId・・・ModのIDです。メインクラスに書いたものと同じものを入力してください。

version・・・Modのバージョンです。今回は1.0.0としておきます。

displayName・・・Modの名前です。

updateJSONURL・・・これも関係ありません。

displayURL・・・WEBのURLを貼り付けることができます。今回はこのブログのURLにしましたが、いらない場合は前に「# 」と入力しましょう。

logofile・・・画像ファイルを指定して出すことができます。今回は用意してないので「# 」を入力しました。

credits・・・クレジットです。

authors・・・Modの作者です。

description・・・Modの説明です。複数行入力できます。

上の画像のように入力すると、こんな感じに表示されます。

f:id:Umagame:20200313200942p:plain

さいごに

今回はここまでです。お疲れさまでした。

まあここまでがMod制作においての準備作業みたいな感じですね。

次回:

umagame.hatenablog.jp