うまげーむさん

Fortniteなどのゲームの情報を主に投稿します。Twitterでブログの更新をツイートしてます。(@umageemu)

【Discord】JavaでDiscordのBotを作る方法! #1 プロジェクト作成

Umagameです。

皆さん、Discordは使っていますか?

無料通話、画面共有、Botなど、便利なものですが、

この記事ではBotの作り方について説明します。

f:id:Umagame:20190219165039p:plain

Botを作る上で必要なこと

この記事では、Javaを使った方法を説明します。

なので、ある程度のJavaの知識は必須です。

とはいっても、Java以外(Pythonなど)でもBotは作れるので、そちらの方法でやるのもありです。

Eclipse

EclipseなどのJava用のプログラミングソフトは必須です。

(この記事ではEclipseを使った解説をします)

Eclipseのダウンロード: 

Eclipse 日本語化 | MergeDoc Project

設定などは済ませておいてください。

Discordアカウント

そしてBotを作るには、Discord公式サイトからログインして作る必要があります。

まだアカウントをお持ちでない方はこちら:

Discord - Free Voice and Text Chat for Gamers

Botの登録

Discord Developer Portalへ行き、「New Application」をクリックします。

f:id:Umagame:20190207190035p:plain

「New Application」をクリック

そして、Botの名前を入力し、「Create」をクリックします。

f:id:Umagame:20190207190126p:plain

Botの名前を入力し、「Create」をクリック

 そして、アイコンの画像を選択します。(なくても可)

f:id:Umagame:20190207191939p:plain

アイコンの画像を選択

右の「Bot」をクリックして、「Add Bot」をクリックします。

f:id:Umagame:20190219190508p:plain

「Add Bot」をクリック

これで登録は完了です。

プロジェクトの作成

それではいよいよ作っていきます。

Eclipseを起動し、右上のアイコンから新しくMavenプロジェクトを作成します。

f:id:Umagame:20190218191948p:plain

Maven プロジェクト」をクリック

そうすると、新しくウィンドウが出るので、「次へ」をクリック。

f:id:Umagame:20190218192101p:plain

「次へ」をクリック

もう一回「次へ」をクリック。

f:id:Umagame:20190218192133p:plain

「次へ」をクリック

次はグループIDとアーティファクトIDを入力します。

今回はグループIDをumagame、アーティファクトIDをtutorialbotにします。

f:id:Umagame:20190218192202p:plain

入力したら、「完了」をクリック。

これでプロジェクトの作成は完了です。

pom.xmlの編集

プロジェクトを作ったら、次はそのプロジェクトの中のpom.xmlというファイルをいじります。

pom.xmlを右クリックして、「次で開く」→「Maven POM エディター」をクリック。

f:id:Umagame:20190218192815p:plain

Maven POM エディター」をクリック

pom.xmlを開いたら、下のコードを</properties>の後に書きます。

  <repositories>
    <repository>
      <snapshots>
      <enabled>false</enabled>
      </snapshots>
      <id>jcenter</id>
      <name>jcenter-bintray</name>
      <url>http://jcenter.bintray.com</url>
    </repository>
  </repositories>

そして、下のコードを</dependency>の後に書きます。

   <dependency>
      <groupId>net.dv8tion</groupId>
      <artifactId>JDA</artifactId>
      <version>3.8.3_460</version>
      <type>jar</type>
      <scope>compile</scope>
   </dependency>

そうしたら保存します。

さいごに

今回はここまでです。

次の記事:

umagame.hatenablog.jp

追記(2019/02/19)Botの登録の部分に間違いがあったので訂正しました。